完全版/Googleアナリティクスのapp+webプロパティのデータをBigQuery出力する

Googleアナリティクスのapp+webプロパティがリリースされ、実はサイト訪問の行動ログをBigQueryに出力できるようになった

app+webプロパティそのものの説明

これまではGoogleアナリティクス360(GA360)を利用し、そのうえでGoogleに申請しないとログデータをBigQueryに出力することはできなかった。そのためコスト面での高いハードルがあったのだが、今回はFirebase利用に伴うGoogle Cloud Platform(GCP)の従量課金コストだけでログをBigQueryに出力できるようになったのである。しかし連携のための設定手順が大変難しく、有名な記事にもこの連携方法が説明したものがなかったため、ここで完全な手順を紹介する

まずGoogleアナリティクスのapp+webプロパティというのはもともとアプリ用に存在していたFirebaseの計測機能(Google Analytics for Firebase=GA4F)をウェブの計測にも適用したものであり、従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)と計測の仕組みが大きく異なる。データの形式も元々ページビューの計測用に実装されている従来のGoogleアナリティクスやGA360とは大きく異なり、あらゆる行動を様々な属性とともに計測できるよう、より柔軟に構造になっている。

まずGoogleアナリティクスのapp+webプロパティを作るだけではBigQueryにデータは溜まらない。Googleアナリティクスの管理画面を離れ、Firebaseの管理画面で設定をする必要がある。

手順を追っていく。

Googleアナリティクスのアカウントがあることが前提

なければ作る。プロパティはあってもなくても関係ない。

Firebaseのプロジェクトを作る

なければ作る。
Googleアナリティクスの管理画面からapp+webプロパティを作成できるようになってきているのだが、BigQuery連携をする場合はそれでは不可能。

https://console.firebase.google.com/

Firebaseのプロジェクトを作る

プロジェクトは存在するが新たに追加する場合

プロジェクトは存在するが新たに追加する

Firebaseのプロジェクトを作成すると、同時にGCPのプロジェクトも生成される。Firebaseで使うデータはGCPに格納される。

Googleアナリティクスの連携設定もここで行う。

Firebaseプロジェクト登録時のGoogleアナリティクスの連携設定

この後プロパティを作るGoogleアナリティクスのアカウントを指定する。

プロジェクトができあがるとこの画面になる。

Firebaseプロジェクトホーム

プロジェクトの設定

メニュー上部のFirebaseの歯車のアイコンから

プロジェクトの設定>連携機能

プロジェクトの設定

Googleアナリティクスの連携設定(既存のプロジェクトを使う場合)

既存プロジェクトでGoogleアナリティクスの連携設定をしていない場合はまずそれを行う。上で設定済みの場合は不要。

GA4Fを登録

連携が済むとこの画面になるが、「デフォルトのレポート ID」を「ユーザー ID、デバイス別」のままで進める(必要に応じて通貨を設定する)。

GA4Fの設定

この時点でGoogleアナリティクスの画面でapp+webプロパティが生成された状態になっている。

BigQueryの連携設定

引き続きFirebaseのプロジェクトの設定でBigQueryの連携設定。
まずデフォルトでFirebaseの課金プランは「Spark」になっている(画面の左下)。これは一定の機能・利用量までは無料のプランである。この場合「サンドボックス」と表示されている

BigQueryとのリンクをクリックする

BigQueryとのリンク

AnalyticsのデータをBigQueryにエクスポートするためにはBLAZEプラン(従量課金)に設定する必要がある。

Firebaseのプランのアップグレード

BLAZEプラン

必要に応じてGCPの請求先アカウントを登録する。

アプリの登録

GA4FのデータをBigQueryにエクスポートするためにはiOSまたはAndroidのアプリが必要となる。ウェブアプリではNG。

いったんFirebaseホームに戻り、Androidのアプリを登録する。アプリを登録するためにはアプリの識別子が必要なのだが、iOSはこの識別子(バンドルID)が正しくないとBigQueryとの連携時にエラーになる。Androidの識別子(パッケージ名)はダミーでもいいので、Androidのアプリを登録する必要がある。

パッケージ名はドットで区切られたダミーのものでいい。

Androidアプリの追加

そのまま進み、ここでは「このステップをスキップ」をクリック

検証をスキップ

アプリとBigQueryの連携設定

プロジェクトの設定のBigQuery連携画面に戻るとアプリを選択できるようになっているので、
「Firebase データフロー」のAnalyticsの連携をオンにする。CrashなどAnalytics以外のデータはGA4Fでは使わないので連携設定不要。

アプリとBigQueryの連携設定

Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスの管理画面にいくとapp+webプロパティが生成されている。

GAのプロパティ一覧

そのプロパティを選択してデータストリームを登録。メニューで「ウェブ」を選択して「ウェブストリームを追加」をクリック

ウェブストリームを登録

必要に応じ設定をし、「ストリームを作成」するとタグを取得できるのでウェブサイトに貼り付ける。

ウェブサイトを作る際、今まではGAのアカウントも同時に作っていたのが普通だろう。それに加えて今後はFirebaseのプロジェクトも作るというのがデフォルトにしたほうがいい。
FirebaseにはAnalyticsだけでなくHostingやFunctionsなどの強力な機能もあり、静的サイトはもちろん、少々の動的サイトでも自前サーバを用意せずにスケーラブルなウェブ配信環境を使うことができる。自前SSL証明書も不要で高速なCDN(コンテンツ配信環境)を得られるため、SEO面でもありがたい。Firebaseはアプリではないウェブサイトの便利ツールとしても使えるものである。

作成日:2019年8月19日

Googleアナリティクス の記事一覧