ウェブログからSQLで指標を計算する8構文~GA4のBigQueryを題材に

Googleアナリティクス4プロパティが登場し、誰でもBigQueryにログを出力できるようになった。ログ分析を始める環境は揃ったわけだが、ログ分析のノウハウはあまり世に出ていないので、それを少し紹介する。 どんな高度なログ分析をするにしても、これが基本。 ウェブ分析の指標 ウェブ分析の基本は ページビュー数 セッション数 人数 のカウント。複雑な分析も、結局カウントしているのはこの3つの指標に集約されることが多い。Eコマースになると購入金額の合計なども入ってくることはある。 そしてこれに「○○した」という条件が付いて イベント○○が発生した回数 ○○したページビュー数 パラメータ△△の値が□…

続きを読む →

Googleアナリティクス4で管理画面だけでコンバージョン設定する

Googleアナリティクス4は当初コンバージョン設定するためにはコンバージョン対象ページでタグをカスタマイズする必要があったのだが、アップデートでタグのカスタマイズが不要になった。しかしユニバーサルアナリティクスのようにコンバージョン設定画面でURLを指定できるわけではなく、少し回りくどい設定が必要になる。この記事ではその方法を説明する。 機能のアップデート 既存のイベントから、イベント名やイベントパラメータの条件に基づいて新たなイベントを生成する機能が追加された。 これは大変便利な機能で、これまでイベントの再定義をしようと思ったらSDK(JavaScriptのタグやアプリのSDK)の入れ替え…

続きを読む →

Google Cloud Functions / Cloud Functions for Firebaseの微妙な使い勝手

AWSのLambdaは高機能だが、GCPのCloud Functionsは機能が少なめでシンプル。ただ微妙なクセがある。 Google Cloud FunctionsとCloud Functions for Firebaseの関係 Cloud Functions for FirebaseはGoogle Cloud Functionsを簡素化してFirebaseで使えるようにしたもの Node.jsのバージョン8のみ Google Cloud Functionsは独自ドメインが使えないが、Cloud Functions for Firebaseでは使える(独自ドメインSSLのWeb APIが可能…

続きを読む →

WordPressのウェブサイトを静的化し、Firebaseで配信する

Firebaseといえばネイティブアプリ(iOS, Android)のイメージがあるが、ウェブ運用でも便利。今回は純粋なWebサイトだけの運用のケースで環境をFirebaseに統一してみた。使うのは以下の機能 Firebase Hosting: 静的HTML、画像などのファイル配信 Google Analytics for Firebase: 計測 これらを独自ドメインのHTTPS環境で公開する。コンテンツはWordPressで管理、生成する。 ドメインは https://marketechlabo.com https://www.marketechlabo.com wwwのないURLからww…

続きを読む →