Googleアナリティクス/GTMの高度でおすすめのデフォルト設定

GTMとGoogleアナリティクスの高度な実装。 パーソナライズやエンゲージメント分析をする際には必須になるものを紹介する。 主にGoogleアナリティクス360でBigQueryを使って分析する際に役立つ。 必須のcustomTask customTaskはGoogleアナリティクスのスクリプトがデータ収集サーバにデータを送る(メジャメントプロトコル)ときに任意の処理を指定して実行するオプションである。 GTMを使ってGoogleアナリティクスとさまざまなツールを連携する際、customTaskにはデフォルトでこれを設定するといい。 function() { return function(…

続きを読む →

PythonプログラムでGoogle認証してGoogleのサービスを利用する

プログラムの中でGoogleのサービス(API)を操作するとき、Google認証が必要になる。しかしこれがややこしく、Googleの公式のドキュメントの記述も古かったりサービスの種類によって方法がばらばらだったりして分かりにくい。この記事ではこれを整理して説明する。 プログラムでGoogle認証する場面 具体的なケースを想定するとわかりやすいのだが、 たとえばGoogleアナリティクスからAPIでデータ取得し、そのデータをGoogle Cloud StorageやBigQueryに書き込みする場合、Googleアナリティクスのレポート閲覧権限(特定のビューに紐づいた)とGCPの権限(Googl…

続きを読む →

GoogleアナリティクスでcanonicalをページのURLとして自動で採用する

アクセス解析における計測URLの分散の問題 Webサイトのページビュー計測では、同一ページのページビュー計測は1つのURLのページビューとして集約されることが望ましい。ところがutm_sourceなどのダミーパラメータ付きURLや「index.html」の有無によって本来同一ページのはずなのにURLが異なり、ページビュー数の評価が分かれてしまうことがある。あらかじめサイト構成が「1ページ=1URL」を厳格に守ってくれていればいいのだが、必ずしもそういうわけにはいかない。実際には1ページに複数のURLが発生することも多いのである。 SEOでは行われているURL正規化 SEOではその問題を解決する…

続きを読む →

Googleアナリティクスのapp+webプロパティのデータをBigQuery出力する

Googleアナリティクスのapp+webプロパティがリリースされ、実はサイト訪問の行動ログをBigQueryに出力できるようになった。 app+webプロパティそのものの説明 これまではGoogleアナリティクス360(GA360)を利用し、そのうえでGoogleに申請しないとログデータをBigQueryに出力することはできなかった。そのためコスト面での高いハードルがあったのだが、今回はFirebase利用に伴うGoogle Cloud Platform(GCP)の従量課金コストだけでログをBigQueryに出力できるようになったのである。しかし連携のための設定手順が大変難しく、有名な記事に…

続きを読む →

Googleアナリティクスの計測ログをBigQueryに送る(無料版対応)

Googleアナリティクスで収集しているデータ(メジャメントプロトコル)をBigQueryに送り、集計・可視化できるようにする。無料版のGAにも対応し、しかもサーバレスでシンプルに実装できる。 本来BigQueryを使ったウェブ行動の詳細分析はGA360を使うべきなのだが、限りなく低コストでこんなことができるという参考程度で紹介する。 通常無料版のGoogleアナリティクスではできないログベースの行動分析をするのに使ったり、有料版であったとしてもGAはどのようなトラフィックを除外して集計しているのか、Googlebotなどのクローラがどんな動きをしているのかなどを検証するのに使うといいかもしれ…

続きを読む →

アドホックなウェブ解析が簡単に―GoogleアナリティクスとGoogle Data Studioの探索機能

ついにGoogleアナリティクスの無料版で、マウスのドラッグ&ドロップでディメンションや指標を選択し、自由にレポートを作れるようになった。 アドホックなウェブ解析の変遷 ある程度まともにウェブ解析をやっている方であればGoogleアナリティクスやAdobe Analyticsの画面の定型的なレポート、あらかじめ定義されたレポートを見るだけでなく、知りたい指標についてその都度(アドホック)に 対象データを絞り込む(スライス) 切り口を変えて見る(ダイス) 細分化して見る(ドリルダウン) 切り口を掛け合わせて見る 新しい指標を作ってそれを見る などをすることが多いのではないだろうか。 Adobe …

続きを読む →

【プロ向け】アクセス解析の設定前チェックリストとGoogleアナリティクス設定手順

Googleアナリティクスの設定を効率化するために、 管理画面を見る前に決めておくべき項目のチェックリスト Googleアナリティクスの管理画面での設定作業の手順 設定内容を一覧で出力するツール を紹介する。設定内容の出力は初期設定時に限らず、現状のアカウントの設定状況を把握する上でも役に立つだろう。 Googleアナリティクス設定前チェックリスト Googleアナリティクスの管理画面にログインする前に決めておくべき要件で、 Googleアナリティクスに限らない、アクセス解析の要件定義である。 これを決めずに管理画面を見るのは時間の無駄。 このチェックリストを完成させるのに時間を割こう。 重要…

続きを読む →

GA/GTMを使った際に見えなくなるトラッカーを呼び出して処理を実行する

GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーのマニアックな話題。 通常GoogleアナリティクスをGoogleタグマネージャーを使って設置すると、GAのビーコンを呼び出す際のトラッカー名はGTMによってランダムな名前のものが割り当てられる。 たとえばこんな「gtm1463146770599」形式のものである。 そうなると生成したトラッカーそのものを使って何らかの処理をすることが難しい。GTMの設定の中で固定のトラッカー名を付与すればこの問題は発生しないが、諸事情でGTMの設定権限を与えられていない場合もある。 生成したトラッカーからさまざまな情報を取得したり、その情報に基づいて何ら…

続きを読む →

Googleアナリティクスで特定の要素を表示したときにイベントトラッキングする

Googleアナリティクスなどでページの精読状況をトラッキングする際、「特定ピクセル以上スクロールする」「画面の○%以上スクロールする」ことがあるが、同様に「特定の要素を表示したとき」という条件でトラッキングしたいときもある。コンテンツの精読だけでなく、たとえばクーポンをページに仕込んでおいてその表示回数をカウントするなどのケースでも使える。 そのような場合にエレメントの座標を取得して、そこまでスクロールしたら発火するというアイデアがあるが、実はスマートフォンでは機種によって画面の幅が異なるため、テキスト部分の行数が変わり、縦座標の値も変わってくるという問題がある。単純に縦の位置を取得するだけ…

続きを読む →

Googleアナリティクスで同一URLでフォーム遷移する場合のページビュー計測

計測URLを正規化する、1ページは1URLに集約してページビュー計測することが望ましいことはhttps://www.marketechlabo.com/send-ga-pageview-canonicalized-url/で取り上げたが、この「1ページで複数URL」とは逆に「複数のページで1URL」になるパターンの対応法を取り上げる。 よくあるのはフォームの遷移などで、同一URLで異なる内容のページが表示されることがある。 入力フォーム→確認画面→完了画面 これらが画面遷移はあるものの1URLで完結しているケースである。ひどい場合は完了画面までもが同一URLになるため、コンバージョンの計測すら…

続きを読む →