Googleクラウドで格安お手軽スケーラブルな静的ウェブ配信

Google Cloud Platformの静的コンテンツ配信機能は低コストで手軽に使うことができる。サーバサイドプログラム(PHPなど)のかかわらない静的ウェブサイトの配信(HTML+CSS+JavaScript+画像+動画など)だけであれば、ApacheやNginxなどのウェブサーバなど不要でできてしまう。スケーラブルでトラフィックによるサーバ負荷を気にする必要がない低コストの環境が簡単に使える。WordPressでも静的配信をしているのであれば相性がいい。キャンペーンのランディングページなどもこれで十分なケースがほとんどである。 この記事ではGoogle Cloud Storageを使っ…

Continue reading →

ITP2.3までの変遷・最新の仕様と挙動の違い/対策の必要性と方法

ITPの仕様 次々と新しいバージョンがリリースされるITP。微妙にアップデートされ、仕様がわかりにくくなっているので現時点で最新のものを解説する。 ITPの目的と概要 われわれウェブサイト運用者は cookieやローカルストレージなどを使ってブラウザにドメインのデータを保持し、 それらのデータを必要に応じてツール間で連携する ことによって行動計測やコンテンツの出し分けなどのマーケティング活動を行っている。ITPはウェブサイト訪問者のプライバシー保持のためにそれを制限する仕組みである。具体的に何をやっているのかざっくりまとめると、 この3つのケースにおいて cookieなどを使ったデータ保持が短…

Continue reading →

Googleタグマネージャーの使い方&設定をExcelで出力するツール

Googleタグマネージャー(GTM)とはGoogleが提供している無料のタグマネージャ。 Googleアナリティクスの管理に向いている。 設置 タグは2個あり、両方設置する。それぞれ設置個所が決まっている。 ~内 <body>開始タグの直後 ここにないとSearch Consoleなどの認証で失敗する。 タグの設定 タグ+トリガー+変数 のセット→これら設定の一式をコンテナという タグ→実行するタグ トリガー→タグの実行(発火)条件 変数 トリガーの中での条件判定に使う タグに動的に値を渡す(データレイヤー) 条件判定で使う変数は、たとえば クリックしたリンクのURL ログイン済…

Continue reading →

Googleアナリティクスのapp+webプロパティのデータをBigQuery出力する

Googleアナリティクスのapp+webプロパティがリリースされ、実はサイト訪問の行動ログをBigQueryに出力できるようになった。 app+webプロパティそのものの説明 これまではGoogleアナリティクス360(GA360)を利用し、そのうえでGoogleに申請しないとログデータをBigQueryに出力することはできなかった。そのためコスト面での高いハードルがあったのだが、今回はFirebase利用に伴うGoogle Cloud Platform(GCP)の従量課金コストだけでログをBigQueryに出力できるようになったのである。しかし連携のための設定手順が大変難しく、有名な記事に…

Continue reading →

URLの指定の仕方

JavaScriptでURLを表すlocationオブジェクト URLとそのパーツはJavaScriptの変数として取得できる。タグマネージャなどでJavaScriptの変数を使ってURL(の一部)を指定する場合や、直接Javascriptを書いてURLを指定する場合にこれらを使うことがある。 変数名 意味 例 window.location.href URL全体 https://example.com/audio/detail.php?id=123#rev window.location.protocol プロトコル https: window.location.hostname ホスト名 …

Continue reading →

格安に使えるGCEのプリエンプティブインスタンスの勝手に停止対策

プリエンプティブインスタンスの設定

格安で使えるGCEプリエンプティブインスタンス。問答無用でシャットダウンされるというクセが困りものだが、使いようによってはハイスペックのインスタンスを安く効果的に使うことができる。ここではそのシャットダウン対策と最大限活用するためのヒントを紹介する。 プリエンプティブインスタンスとは Google Compute Engineのプリエンプティブインスタンスは 最大で24時間起動 勝手に停止される(停止することをプリエンプト=preemptするという) 安い(同スペックの通常インスタンスの半額以下、1/3程度) という特徴がある。ミッションクリティカルな用途には向かないが、何よりも安いのでCPU…

Continue reading →

OpenVPNをWindowsにインストールし、リモートデスクトップ接続する

リモートデスクトップで接続される専用のWindowsマシンを用意するにあたり、VPN接続は必須である。VPNにもさまざまなプロトコルがあるが、現在サーバ・クライアントともにOpenVPNが最もインストールしやすい。 OpenVPNクライアントをWindows10にインストールし、そこから常時VPNサーバに接続する形でプライベートネットワークを作り、外の端末からセキュアにWindows機にリモートデスクトップ接続する。Windows機をVPNサーバにするのではない。このやり方、意外と難しいので説明する。 OpenVPNクライアントのインストール vpnux Clientではなく公式クライアントを…

Continue reading →

Google ColaboratoryでRを使う

無料でPythonの実行環境を使わせてもらえるGoogle Colaboratory。しかもGPUと12GBのメモリ、350GBのディスクまで使える環境であり、手元のPCよりハイスペックな人も多いだろう。 RユーザにとってはPythonだけでなくRでも使えたらいいのにと思うところである。そこで、この記事ではこの環境でRを使う方法を解説する。 Rを使う3つの方法 実はGoogle ColaboratoryのインスタンスにはRの環境(RのバイナリとJupyter Kernel)がインストールされており、わずかな手順で使えるようになるのである。 参考までにインストールされているKernelの一覧はマ…

Continue reading →

Javascriptで正規分布の実装まとめ(乱数、累積分布関数など)

Javascriptで正規分布の乱数発生(rnorm)、確率密度関数(dnorm)、累積分布関数(pnorm)、累積分布の逆関数(qnorm)を実装する(逆関数は参照で)。すべて標準正規分布を想定。 Javascriptに限らず使えるアルゴリズムだが、日本語でまとまっている情報があまりないのと、ブラウザ上でA/Bテストなど有意性をみる検定などできたら面白いということでJSでやってみる。 正規乱数の生成(rnorm) 1行でBox-Muller法で。 Box-Muller法とは? $$X_1, X_2 \stackrel{i.i.d.}{\sim} {\rm Unif} (0, 1) $$ とす…

Continue reading →

linuxのテキスト編集(vi, sed, tr, grepなど+xargs)まとめ

linuxなどで使うテキスト編集コマンドの使い方で、これさえ知っていればOKというもののまとめ(vi, sed, grep, sort, uniq, cut, join, tr, nkf, diff)。 後半は特に必要とはいえないため適当。重要なのはvi, sed, grepまでかな。 複数のファイルを扱う場合に使うxargsコマンドについても説明する。 vi ※(数指定)のついているものは、コマンドの前に数を指定することで指定された数だけ該当する操作を行える。 (6hで6字分左に移動) コマンドモードと入力モード コマンドモード→入力モード i: カーソルの直前に挿入(insert) I: …

Continue reading →