Category Archives: 広告運用とテクノロジー

アドテクというよりアドテクと運用をつなぐ話、あるいはデータと運用の話

webマーケターが知っておくべきURLの技術的な意味~URLの構造

この記事は連載「webマーケターが抑えておくべき技術」の全 1 ページ中 1 ページ目です。

現在のマーケティング施策ではシステムの話が切り離せない。 CMSがどう動くか データベースサイトの仕組み オーディエンスのセグメンテーションの仕組み など、マーケターもシステム的な知識を持っておくと、仕事が進めやすい。サ… Read More »

DSPの違い

DSPの違い 最重要 できること ターゲティング手法 動的リマーケティングの有無 オーディエンス拡張の有無 その他機能 配信面 理論上の配信面(接続しているSSP)と実際の配信面(接続しているものの、ビッドリクエストを制… Read More »

広告の入札単価調整、集客施策におけるマクロとミクロの視点

この記事は連載「広告運用の背後にある考え方」の全 3 ページ中 3 ページ目です。

入札単価調整あれこれ 入札(Bid)は基本ではあるが奥が深い。 きちんと広告が表示されるかどうか、意図した露出機会を得られるかどうか CPAが許容範囲内かどうか これらは入札によってコントロールされる。運用型広告の入札は… Read More »

データに基づいた広告運用と、その背後にある技術・統計の理論

この記事は連載「広告運用の背後にある考え方」の全 3 ページ中 2 ページ目です。

データに基づいた広告運用をするのであれば、データを適切に扱うための技術(方法論)に則る必要がある。 データドリブンな運用に必要な技術を、使われる文脈とコアとなるキーワードととともに紹介する。 データドリブンな運用とは? … Read More »

広告運用の戦略(予算、規模、ターゲティング)とアカウントを管理するポイント

この記事は連載「広告運用の背後にある考え方」の全 3 ページ中 1 ページ目です。

予算、目的、戦略を抑える インターネット広告は今や運用型広告が中心になりつつある。運用が必要になるわけだが、プラットフォームも多数あり、考慮しなければならないことが多い。 そこで広告運用で背後にある考え方、筋の通ったロジ… Read More »