DSPの違い

2017年2月13日

DSPの違い

最重要

  • できること
    • ターゲティング手法
    • 動的リマーケティングの有無
    • オーディエンス拡張の有無
    • その他機能
  • 配信面
    • 理論上の配信面(接続しているSSP)と実際の配信面(接続しているものの、ビッドリクエストを制限しているSSPがあるかどうか)
  • 予算設定の仕方
    • 月単位/日単位/個別に期間指定可能かどうか
    • キャンペーン単位/ラインアイテム単位

中程度

  • 自動運用、最適化の特徴
    • 自動最適化の有無
    • 一定期間に必要なコンバージョン数
  • インプレッションの出かた(同じ設定をしてもDSPによって配信のされ方が異なる。重要ではあるが、運用者からするとどうしようもないことでもある)

一応考慮しておく

  • レイヤーごとの設定項目
  • レポートの出力形式
    • カスタマイズ可能かどうか
    • 一括取得可能な期間
  • 連携しているDMPや外部ツール→ターゲティングの種類に影響
  • リマーケティング、コンバージョンタグの形式と設定方法
  • DSP以外の機能(タグマネージャなど)
  • 管理画面の使いやすさ

DSPごとの名称、比較表

  • アドバタイザ
  • キャンペーン=大きい箱
  • ラインアイテム=小さい箱
  • 画像(バナー)
  • 広告(クリエイティブ)=小さい箱とバナーの関連設定
大きい箱 小さい箱 画像 小さい箱とバナーの関連設定 備考
AdWords/Y!スポンサードサーチ キャンペーン 広告グループ (なし) 広告 AdWordsは画像のみ登録する機能なし
YDN キャンペーン 広告グループ 画像ファイル 広告
MarketOne キャンペーン ラインアイテム バナー クリエイティブ
MicroAd BLADE キャンペーン ストラクト クリエイティブ (クリエイティブ)
FreakOut キャンペーン 広告グループ クリエイティブ 広告
Logicad キャンペーン 配信設定 クリエイティブ (配信設定への紐付け)
Doubleclick Bid Manager Insertion Order Line Item Creative (Creative)
Turn Insertion Order Package Creative Ad Line Itemは使わない
Facebook広告 キャンペーン 広告セット (なし) 広告